肌能力を活性化させよう|肌に現れるシミは化粧品で治る|洗顔で改善できるニキビ化粧品
婦人

肌に現れるシミは化粧品で治る|洗顔で改善できるニキビ化粧品

肌能力を活性化させよう

婦人

つっぱる感じは良い効果

洗顔石鹸で洗顔すると、肌がつっぱる感じがします。多くの方は、このつっぱる感じを否定的に捉えられています。しかし、洗顔石鹸のつっぱる感じは、実は肌に良い効果をもたらしてくれるのです。洗顔石鹸で洗顔した後に肌がつっぱるのは、洗顔石鹸がアルカリ性であるためです。アルカリ性の洗顔石鹸で洗顔すると、弱酸性である肌がアルカリ性に傾きます。アルカリ性に傾くと、肌は弱酸性に戻そうと働き出します。この働きがつっぱる感じなのです。弱酸性に戻そうとする力が強い肌は、肌能力が高いと言えます。肌には本来この働きが備わっていますが、年齢により低下しています。そのため、洗顔石鹸を使用することで、弱酸性に戻そうとする働きを鍛えることができます。最近肌の調子が悪いと感じている方は、洗顔石鹸を使用することをおすすめします。

成分表示を確認しよう

肌が元々持っている能力を取り戻してくれる洗顔石鹸は、余分な皮脂をしっかり落とすことも魅力です。余分な皮脂が毛穴に詰まることは、黒ずみやニキビの原因となります。肌トラブルの原因となるため、しっかりと余分な皮脂は洗い流すことが重要です。しかし、必要な皮脂まで洗い流すことは、おすすめできません。必要な皮脂まで洗い流してしまうと、乾燥やシワ、シミの原因となってしまいます。洗顔石鹸は余分な皮脂は洗い流すものの、必要な皮脂まで洗い流しません。肌の乾燥に悩まれている方は、洗顔料をまずは変えることをおすすめします。洗顔石鹸を選ぶ際には、無添加の文字に惑わされないことが重要です。何か1つでも無添加の成分があれば、無添加表示をすることが可能です。合成香料が使用されているものの、防腐剤が使用されていなければ、無添加と表示できます。成分表示をきちんと確認し、自分に合った成分のみが使用されているものを選ぶことをおすすめします。